「投資」の本当の意味。自己投資したお金に後悔するときの本当の気持ちとは

25110789_s

空飛ぶ引きこもりライターの千聖(ちさと)です。

今回は、投資や自己投資についての考え方で、あるはっとした気づきがありましたので、お伝えします。

 

息子が今ハマっている、お仕事体験アプリがありまして、

それがこちらなのですが

この中でみずほ銀行のお仕事体験も入っていたのですね。

 

そこに、投資体験というのがあって、子ども向けに、「とうし」とはなにか、ということについて説明されていました。

私はその説明文を読む前に、お金を運用して、運用したお金以上のことを得ること、お金に働いてもらうこと、みたいなことが子ども向けに書いてあるんだろうなあ~と思ってその説明文を見たのですが・・・

 

驚愕しました。

 

そこに書いてあったのは、

 

「とうしとは、夢をおいかける人をおうえんするしくみです」

 

みたいなことだったのです・・・!!!

 

これでめちゃくちゃはっとさせられました。

ああそうか、だからか・・・!!と。

というのも、私の先生、竹川さんも、例えば個別株とかに投資をするのだとしたら、「自分の好きな会社・応援したい会社に投資する」ということをすすめていたからです。

 

この会社は稼げそうだから投資する、という感じで投資したものは、もともとの金額よりも下がってしまうということ。というのも、株の特徴としては、長く持ち続ければ持ち続けるほど、金額があがっていくというようなもので、それもそのはず、会社の成長にあわせて、株の金額もあがっていくからですね。

樹が一朝一夕で大樹にならないように、時間がかかるのです。

 

でも、稼げそうだから、という感じで投資した場合、下がったらすごく嫌ですよね。

ただただ損をするだけだから、すぐに売ってしまいます。

 

でもそれが一番うまくいかない投資のやり方です。実際に、投資で資産額が増えている人に共通する上位2つは、

「株を持ったまま亡くなった人」

「投資していたことを忘れていた人」

で、つまり、ずーーーーっと持ち続けていた人が、資産家になっているということです。

 

逆に一番うまくいかない人は、

「結果に一喜一憂して、すぐ売っちゃう人」というデータがあります。

しかも、そんな感じで竹川さんは、稼げそうだから、という考え方で投資したことがあって、それが、借金2000万を背負うことになったはじまりだったといいます。

 

でも、好きな会社だったり応援したい会社だったら、下がったとしても気にしないし、むしろそういう時にこそ、頑張れー!!という気持ちで、応援するために株を追加で買ったりします。

そうすることで、応援された会社はもっともっとこたえていこう、という想いでより磨いていったり、あと、下がったときに買ったものは、あがったときに、そのリターンがすごく大きいです。

だからこそ、結果的に、それが投資した分以上でかえってくる、ということでした。

 

それで、みずほ銀行が子ども向けに書いていた

「とうしとは、夢をおいかける人をおうえんするしくみです」

 

というのを見た時、確かに、投資の歴史的に言えば、原点はそれだよなあと、儲かりそうだから投資という仕組みをはじめました。みたいな感じが原点だったなら、投資の歴史はここまで長続きしなかったと思います。

 

「夢を応援する」というその理念、信念、志や想いに、共感した人たちがたくさん、たくさんいたからこそ、ここまで投資という考え方は支持され、広まった・・・・

 

その原点を考えるなら、投資をするときには、お金が稼げるかどうかではなく、応援したい。その気持ちが本当に大事だったし、その応援の気持ちが、結果的に投資以上のものとしてかえってくる、というのが投資の本質であるということです。

 

大人になると、ついつい、お金に引っ張られがちになるので、「利回りはこれくらいあってこれくらいのリターンがもらえるのが投資ですよ」みたいな説明になったり認識になりがちだけど・・・

子どもだけではなく、大人向けにもこんな説明がめちゃくちゃ大事!!!と想いました。

 

ほんとに、大人になっても子供の教育本とかを読んだ方がいいと最近しみじみ想います。

なぜ、大人になったら、説明が変わるんだろう?

なぜ、大人になったら、ガンガンだったりギラギラなものばかりになっちゃうんだろう?

 

大人の仕事術を読むより子供の教育本的なものを読んだ方がよっぽど生きやすい感じがしています。

子供に夢を届けられるような、こんな素敵な説明が、大人向けにもできる企業が増えたらめちゃくちゃいいし、私もそういう仕事を届けると改めて決意しました。

 

というのを考えると、自己投資とは何か

どうしても私たちは、損か得かで考えがちで、自己投資した分以上のものを回収しよう、と考えます。

でも、お金という金額だけで見れば、投資した分がかえってくることもあれば、そうじゃないものもありますよね。

 

投資のリターンはお金だけではなく、例えば旅行とかだったら、経験みたいな、目に見えないものでかえってくることもある。株の配当金がお金じゃなくて、お米だったり、お菓子だったりみたいな感じですね。

 

だから、時に、お金というものにならず、お金が減ったことにフォーカスするとき

「ああ無駄にしてしまった・・・」

「私はなんて意味ないものに使っちゃったんだ・・・」

「あの時あれに使わなければ・・・」

 

と後悔したりすることもあるなあと思います。

 

だけど、投資の本質とは、そう!

 

「夢を追いかける人を応援する仕組み」

 

つまり、自己投資とは、

「夢を追いかける自分自身を、応援すること」が、自己投資なのです。

 

と考えると、今まで投資したものたちにも、見立てが変わってきませんか。

 

今まで無駄だと思ってきたもの、回収できなかったと思うものも確かにあるかもしれない。

 

だけれども、夢を追いかける自分を応援するために、あの時のお金を使ったんだ。

そう想えたなら、少し気持ちがふわっとする感じがしませんか。

 

誰よりも自分自身が自分の夢を信じたからこそ、そのお金を出すことができたのです。

 

自分で自分の夢を信じること。

それは誰もが、そうでありたいと願いながらも出来ないと思って苦しむテーマでありながら、それができたあなたは、とても誇り高く美しいと私は想います。

 

でも、悔しかったり後悔するのは、

それはお金を出したことそのものじゃない。

その自分自身に対して、信じ切ることができなかった自分、途中で、もう無理だよって言って諦めてしまった自分、投資した過去の自分に対して、こんな自分に投資した過去のあんたはなにしてんの?

 

そんなことを自分で自分に言ってしまう自分なのではないでしょうか。

 

それは悔しい。

ほんとに悔しい。

だからそれに本当は怒っているのです。

 

後悔したんじゃない、未来を信じた過去の私をばかにしないでよ、

そして、夢を諦めないでよ!!って、そうやって叫んでいるんだと思います。

 

夢は、何歳からでも、いつからでも、叶えることができる。

どんなにもう資金がないと思っていても、もうダメだと思っていても。

それでも、今日から、お店を立ち上げることができるくらいに!

 

それができるのが、ブログの世界です。

ブログは、バーチャルのお店だから。

妄想の世界、こんなことができたらいいな・・・現実世界でたくさんの縛りがあるものを、一瞬で超えていける力がある。それは、一瞬で、決して会うことができない、遠い国の人とも、今から、話すことができるみたいに。

それがバーチャルの世界の面白さです。

 

そんな世界に、自分のお店を今日から立ち上げることができるブログの世界を、ぜひめいいっぱい、活用してみてくださいね。

 

お読みいただきまして、ありがとうございました。

 

 

→ブログがバーチャルのお店とは?叶えられる夢と叶えられない夢と、夢を叶える仕組み

 

 








  5mail
好きなことを諦めずに生きていく



  5mail

  5mail

  5mail

  5mail

  5mail

  5mail

  5mail


関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

miraigata yumenofurumiti

生きづらい人が自分にしかできないことを仕事にする魔法使いになる学び舎

12の月の言の葉が、家に引きこもって ずっとやりたかったことを叶える特別な時を届ける定期便  未来型*夢の降るみち 時…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る