振り回される人生は疲れた・・。自立して自分軸で生きる方法とは

IMG_2127

空飛ぶ引きこもりライターの千聖(ちさと)です!

私はかつて、人の意見―――といっても、聞くべき意見の人じゃなくて、嫌いな人の意見―――に振り回されて、人の顔色を伺って生きてきました。

完全に八方美人で、自分の軸がなくて、ふらふらふわふわしていて・・・

この記事でも書いたのですが

自分らしさ・・・それがない・・・と、悩んでいました。

 

自分らしさがないと悩むので、色んな情報に引っ張られるのですね。

例えば、お前はここがダメだ!な言葉を全部真に受けてしまう・・・でも、ダメさも魅力も、表裏一体ですよね。

元気がいい⇔うるさい

真面目⇔融通が利かない

寡黙⇔しゃべれない などなど・・・

そして、人によっては元気がいい人はちょっと、ノリがついていけない・・・!となってそういう人は苦手だなと感じる部分もありますよね。

なので相手がどういう人なのか・・・その人に好かれたいのか?というのがすごく大事です。お前はここがダメだ!!と言ってきた人が好きな人じゃなければ・・・その人のために全ての自分を変えようとしてしまえば、本当に好かれたい人に好かれなくなってしまう・・・と思いませんか。

あなたの真面目なところが良かったのに・・・どうしてそんなに軽い人になってしまったの??と思って残念に思って去っていってしまったり・・・。

 

だからこそ、自分を本当に大事にしてくれる人のためにも、自分らしさ、というところは大事にした方が良かったなと思います。

 

だけど、自分らしさがない!というところで困っている・・・

でも、無いということはなかったのです。

ただ、それを、日々に追われるだけになってしまい、立ち止まってゆっくり考える時間を持たなかったり、持ったとしても考える方向性が分からなかったりでした。

だからこそ上手くいかなかった。

 

でも自分軸、自分らしさを見つけたことで、本当に生きやすくなり、お客さんと一緒に夢を叶えていくことができています。

ということで今回は、自分軸の見つけ方をお伝えしていきたいと思います。

自分軸、生きる目的の見つけ方とは

自分軸の見つけ方ですが、それは、

「どういう生き方をしたいのか?」

というところを探していくことです!!

 

それを見つけるためにやるといいのが、

「2・3年後にどうなっていたいかを、欲望・願望・やりたい仕事で書きだす」

です!!

 

最終目的地を思い浮かべるのが大事なので、死んだときにどういうことを考えながら死にたいか、お葬式には誰が来てくれるのか?など考えてもいいですが、ちょっと遠すぎてイメージが湧かないなあと思ったので、私は2・3年後、というのがしっくりきました。

近い未来、どうありたいか?です。

 

それではぜひ紙とペンをご用意にて、この先お付き合いくださいませ!

 

*欲望*

それでまず、欲望が大事です。野望と言ってもいいかもしれません。

欲望というとドロドロしている感じがありますよね。なのであえてこの言葉なのです笑

人に言えないような嫉妬とか負のオーラとか、そういう黒いものも含めてどんどん出すといいです!!欲望なのでありのままの自分の感覚です。それによってどういう生活を叶えたいと思っているのか・・・というのを浮き彫りにしてくれます。

 

負のオーラとかには怒りなども含まれています。怒りの沸点と言うのは人によって違いますよね。

これはなぜかというと、怒りというのは、「自分が大事にしたいと思っているもの、価値観を踏みにじられたから」起こるものだからです。

 

なので、なぜ怒ったのか?ということを分析することで、自分の本当にやりたいこととか、本当に叶えたいことというのが見えてきます。

 

*願望*

こちらは欲望に対して、もう少しキラキラしたものというか、クリスマスのサンタさんを信じていた頃の童心にかえれそうな、わくわくした気持ちのものです。

叶えたい願い、夢、希望、こういう生活したいなあ~!というものを書きだしてみてくださいませ。

 

願望と欲望は明確に分けなくて大丈夫です。願望だけだとキラキラしたものしか出せないので、ドロドロも大事です!ということで分けています。

 

*やりたい仕事*

そして最後がこちら!!どんな好きな仕事にも就けると魔法のランプが言ったなら、あなたは何を願いますか?

という感じです。

やりたい仕事は意外と難しいかもしれませんね。なのでここはまだ出てこなかったり、ぼんやりとでも大丈夫です。こういう仕事のスタイルがいいなあ、とか、こういう場所で仕事をしたいとか、仕事にまつわるものをいろいろ出してみてくださいませ!

私の場合は・・・・

4年前、会社を辞めた頃の私の場合ですと

*欲望*

朝早く起きたくない、たくさん寝たい

会社をすぐに辞める私を、忍耐がない、と嗤ったお局に、私今好きな仕事してて楽しいですけど、まだあの会社に居るなんて大変ですねと言う

会社の昼休みでよくご飯を食べていた広場が見えるスターバックスコーヒーで、フラペチーノを飲みながら、パソコンで仕事をする

などです笑

 

残念ながらドロドロしたのは、その場所に行くのがめんどくさくて、まだやっていませんが笑

当時の私は好きなことを仕事にしたい!!と思って辞めました。会社に対する怒りの大部分が、ストレスで大好きだった小説・文章を書けなくなったこと・・・でした。なので、それが今の仕事になっています。

また、こういうのはすごくバネになりました。見返してやる!!!という気持ちが、くじけそうな時に支えてくれました。

 

*願望*

京都に住みたい!

ゲーム三昧の生活にしたい!

アニメをたくさん見たい!

 

*やりたい仕事*

小説家になりたい!!

文章で稼げるようになりたい!

会社に行かないで仕事がしたい!!

 

みたいな感じでした。

この辺を軸にして、じゃあこれを叶えるには??どういうふうにしたらいいんだろうか?と色々調べていくうちに、今私がやっているブログを使って、広告収入、という道にたどり着きました。

⇒ブログについては、詳しくはこちらから

自分軸を見つけることで夢が叶う!

ここまで自分軸の見つけ方についてお伝えしてきましたが、いかがでしょうか?

自分軸は、最初はけっこうざっくりで大丈夫です。ここから、じゃあそれを叶えるためにどうしたらいいんだろう?と考えて色々行動していく中で見えてきます。

見えてからやろうじゃないです!

 

行動した先にしか見えないので、見えてからやろうだと一生見えないです!!

やりながら見えてきます。

 

例えるなら、この丘の先に、水面に光が反射してキラキラする海が見える・・・

だけど、その場に立ち止まって色々考えていても、見えない・・・進まないと見えない、みたいな感じです。

 

なので今はぼんやりだったり見えなくても、進めていくうちに必ず見えてきます。

その進め方だったり、やり方が分からない時には、信頼できる人に相談していくといいですね。

最後に:自分らしさにおいては自分にかなう者はいない!

お客さんから、とっても素敵なメッセージを頂きました!

「自分が1番になれるのは、間違いなく、「自分らしさ」という点ですね。

これならば、いつ、どこで、誰と競争しても、圧倒的に1番になれますよ。」

 

うおおおーーー!!!

まさにーーー!!となりました。

そうなんですよね。

 

人と比べて落ち込んだり、自分には何もないと思ったり、こんな私なんてと僻んだりすることもある・・・

 

でも、あなたらしさ、というところにおいては、他の誰もあなた自身より秀でることはできないのです!!!

真似しようと思っても、まずは産まれる場所から真似しなければ・・・ちょっと色々無理ですね笑

 

誰かがあなたにすり替わったとしても、そのあと全く同じ体験をしていけるわけじゃないですよね。

行く場所によっても出会う人は変わる、同じ場所に行っても、惹かれる人や、それいいなあと思う興味の対象や言葉なども違う。

 

だからこそ、あなたが今まで体験してきたこと、感じてきたこと、・・・それら全てがあなたらしさ。

それに代われる人なんて世界中探してもどこにもいないです。

 

だからあなた自身が、資産であり、あなたの感じてきたことが価値であり、魅力であり、あなたらしさなのです。

答えは外に求めなくていい、あなたの中にこそ、輝く答えがあります。

 

なのでぜひぜひ、問いかけて、あなた自身を深掘りしていってくださいませ。

その先にあなたの叶えたい生活がありますよ。

 

ひとりで悩んでいることがありましたら、お知らせくださいませ。

何かしらお役に立てましたら、とてもとても嬉しく思います。

 

お読みいただきまして、ありがとうございました。

 

*関連記事*

個性とは・・・にハッと気付いた時の記事。4月は君の嘘が教えてくれた自分らしさとは

 












5mail
好きなことを諦めずに生きていく


  5mail

  5mail

  5mail

  5mail

  5mail

  5mail

  5mail


関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

img_0302

短所は絶対克服しない!好きなことじゃなくても書きたいこと書こう!

空飛ぶ引きこもりライターの千聖(ちさと)です! 最近、お客さんから、こんなメールを頂きました。 …

おすすめ記事

ページ上部へ戻る