ブログ記事の書き方に自信がなくても隠れ家個人サロンにアクセスが来る3つのポイント

IMG_0276

空飛ぶ引きこもりライターの千聖(ちさと)です!

隠れ家サロンに、インターネットからお客さんが来てくださったら嬉しいですよね。リアルでの販売だったり、チラシの配布だったりなどは、なかなかできない・・!

だからアクセスが来る集客、ご来客になるブログを作りたいけれど、でもどうやったらアクセスが来るのか?どんな記事を書けばお客さんにつながっていくのか?

そんなことをこの記事で紐解いていきたいと思います。

1、読まれる記事と読まれない記事の違いを知る

読まれる記事とそうではない記事の違いをご存じですか??

それは、お客さんと会話している記事になっているかどうか・・・だったのです。

 

会話って誰でもできますよね。口下手であっても、仲の良い友達とかパートナーとか家族とかなら、話せますよね。

つまり、ここをおさえていれば、自信がなくても言葉がしゃべれれば、アクセスの来る記事が書けてしまいます。

 

ブログなのに会話?と思われるかもしれないのですが、ブログにどのようにしたらアクセスが来るのかという仕組みをしっていると、この話はイメージしやすいです。

例えば、あなたがこの記事にたどり着いてくださったのも、「記事 書き方」など、何かしらのキーワードを、検索エンジンに入れてこられたのではないかなと思います。

 

つまりはお客さんは「記事 書き方」など、何か解決したい悩みがあるとき、ブログというものを見に来られます。

 

なので、検索エンジンでアクセスを集めたい、お客さんに来ていただきたい、と思ったときは、このキーワードと言う「Question」に対して、会話するように記事で「Answer」を書く・Yahoo知恵袋のQに対してAを書くような感じで記事を書いてお返事する、ということが大切です。

 

記事 書き方

というキーワードで調べてくださったお客さんに

「今日は雨ですね~!でもこのようなワークショップがあって雨のしとしと音とともにこのワークショップを受けると、より一層癒される時間になりますよ。あなたのご来店をお待ちしております」

 

と書いても、これじゃなかった・・・!と思ってしまいます。

 

なのでQに対してAで答えていく・・・

 

(例1:アロマサロンの場合)

Q、緊張しやすいのでリラックスできるアロマを探しています。おすすめのものはありませんか?

A,__________

 

(例2:美容室の場合)

Q、面長なのですが私に似合う髪型は、どんな感じのものがありますか?

A、_________

 

(例3:カウンセリングの場合)

Q、私は引きこもり気質で、自信がないのですが、どうやったら自信をつけられますか?

A、_____________

 

などなど!

あなたのお店のサービスの分野の話を、お客さんからご質問いただいた!と思って、書いていくといいです!

まずは今までにこられたお客さんは、どのようなお悩みがあったのか、ということを思い出して書いていくといいですね。

記事ネタの見つけ方に困ったときはこんなツールも

記事ネタに困ったときは、こんなツールもあります。

Goodkeyword

これは、キーワード=お客さんの悩みをバーッと出してくれるツールです。

例えば アロマ リラックスと入れると

こんな感じで

 

ばーっと出てきます。

例えば「アロマ リラックス レシピ」

と言うキーワードがありますね。

 

これは、Q、リラックスできるアロマレシピを教えてください

というような感じです。

 

そのほかにもマッサージ

というキーワードなら・・こんな感じで・・・

 

うーん、悩みが広すぎて絞れない・・・

となったら、例えば「マッサージクリーム」など、気になった単語をクリック!

するとまたこんな感じでバーッと出てきます。

 

この中から好きな単語を選んで使う、

たとえば「マッサージクリーム 使い方」とかですね。

 

でも、マッサージクリームって言ってもいろいろ使い方あると思う・・・何に使うんだろう??

もっともっとお客さんの悩みを絞りたい場合はまた「マッサージクリーム 使い方」をクリック

すると

 

マッサージクリーム 使い方 ダイエット

とかもありますね。

ここまでくるとQがわかりやすいですね。

 

「マッサージクリーム 使い方 ダイエット」

Q、ダイエットでマッサージクリームを使いたいのですが、使い方を教えてください

 

とかですね。

 

こういう感じで、記事の案もいただけます!キーワードは調べ方によっても無限に出てくるので、いろいろ調べて記事ネタもいっぱい見つけてみてくださいね。

※ちなみに、グーグル検索エンジンは、このGoodkeywordで調べたキーワードを記事タイトルに入れると、上位表示させやすくなる仕組みがあります。

 

2、でもノウハウだけじゃなくて日記も大事

1のポイントでは、お客さんのお悩みを解決する記事が大事ですとお伝えしましたが、実はそれだけでは、ファンになるブログにはなりません。

日記記事も、実は大事なんです!!!

 

専門性やノウハウは、確かに知りたい・アクセスの入り口としては大事です。

でも、友達がいつもいつも専門的なノウハウしかしゃべらなかったらどうでしょうか???

 

なぜ天気は雨になるのかといいますと、低気圧が入ってきて上昇気流と下降気流がうんぬんかんぬんで・・とか話されても、その時は面白いこともありますが、口を開けば毎日ノウハウだったらうんざりしてきますよね。

 

今日は雨で靴がぬれますね・・・そういえば雨と靴と言えば私、フラれた思い出があって、彼氏に靴をなげつけて裸足で家に帰った思い出があるんですよね・・・

 

みたいな話も、たまには聴きたいじゃないですか??

 

学校の先生の授業も、授業よりもその先生の日常の思い出とか価値観とか、考え方、恋愛感、人生論、趣味・・・などなどの話の方が面白くなかったですか??

 

私もいまだに覚えているのが、手編みのマフラーを編んでプレゼントしたら、重いと言われて、次の日そのマフラーが川に浮かんでいるのを発見した、という話とか、お寺の建物の柱が好きすぎて、お寺に行くと柱にほおずりしている話とかしている先生がいて・・・笑

授業内容はさっぱり覚えてないですが、そういうのは何年経っても忘れません・・・笑(こういう変態変人好きです!!)

 

入り口は専門性、学校で言えば受験勉強のための授業とかがメインですが、でもその人先生自身を好きになるときは、そういう専門性だけではない部分こそを聴けたときなんです。

しかも、その先生が好きになったらその授業もより面白くなってきたりとか・・・

 

私自身も、お客さんから、千聖さんは十二国記(本)が好きだと伺ったので共感して買いました!

とか、あのアニメを好きだと言っている人に悪い人はいないと思いまして・・・

と言っていただいたことも数知れずでした。

 

だからこそ、日記や趣味や想いなど・・・ときに独白のように思えることこそを大事にしていっていただけたらなと思います。

 

これからはAI化もますます進むので、ノウハウ的なところは、AIにも書けてしまいます。

もっと詳しい人、上をみればきりがないくらいですよね。

 

でもその中で、詳しさで負けていたとしても、AIのように数をこなすことができなかったとしても・・・

それでも、「あなただから買いたいんです」と言って下さるお客さんは、友人のような信頼関係が築ける部分、つまり人間味を感じる日記記事です。

 

そして、そういう記事もあればあるほど、面白くてついつい読んじゃうので、ブログの滞在時間もあがります。

検索エンジンでは、滞在時間も、検索エンジン上位になる要素としてプログラムされています。

 

一昔前までは、小手先のテクニックみたいなものでも上位表示される仕組みでしたが、AI化もあって、人間味を感じさせないブログは、評価されなくなっています。

ロボット化、機械化が進めば進むほど、その反動で人は、肌感覚を求める時代になっていきます。だからこそ、この傾向はますます強まるところですので、ぜひ大事にしていただけたらなと思います。

3、ストーリープロフィールを書く

そして最後のポイントが、プロフィールです。

プロフィールは、夜中お酒を飲みながら、自分の人生を大切な人に開示して語りあうような、そういう場です。

 

その人の人生を深く知るからこそ、この人なら信頼できると思えるようになり、ブログをブックマークやお気に入り保存していただけるようになります。

そうなると、検索エンジンなしでも、アクセスが来たりリピーターさんが来てくださったりします。

 

また、こんなふうな支持のされ方も、検索エンジン上位になる要素の一つでもあります。

 

じゃあどんなプロフィールを書けばいいのか?

というところで悩むかと思います。陥りがちなところは、履歴書のようなものを書いてしまったり、こんな資格を持ってます!と権威を並べてしまうことです。

 

でも、例えば歴史の教科書に年号とかが書いてある表、ありましたよね。

あれを見て、何か共感したことってありますでしょうか・・?わざわざ、794年平安京遷都→鳴くようぐいす平安京とか語呂で覚えたくらいですからね・・・まったく記憶に残らなかったかと思います。

 

でもその一方で、この偉人はこんな風に生まれてこんなふうに育ってこんな風な生きざまで・・・と、大河ドラマのように語られたら、もう前のめりになって、つづきは??つづきは???と気になってしまいますよね。

 

つまり、お客さんの記憶に残り、共感したり感動したりするプロフィールの秘訣は

「ストーリーで書く」

というところにあったのです。

 

とはいっても脚本家さんとか小説家みたいに、匠の文章術で書かないといけない、というわけじゃないですよ!

 

ストーリーを伝えるうえで大事なのが

「ドン底のときからどのようにビフォーアフターしたのか」

 

というのを語ることです!!!

 

例えばドラクエの主人公とか、レベル0からスタートですよね。

そこからコツコツスライムを倒していきながら、だんだんレベルをあげていって助けてくれる師匠や仲間と出会ったり、時々裏切られたりで大ピンチに陥りながら、最後ボスまでいくからこそ、感動がありますよね。

レベル100からスタートで、何しても勝てちゃう、と言うような状態からのゲームだったら・・・最後ラスボスを倒しても簡単に倒せてしまって、エンディングを見てもふーんとしかなりませんよね。

 

シンデレラも最初からお金持ちのご令嬢の話で、最初から幸せな人で、さらに幸せになってよかったね、と下手すればひがまれる物語になってしまったりなど・・・・

 

主人公がダメで弱い、ドン底の状態だからこそ、最後にビフォーアフターした話に、人は勇気づけられたり、元気をもらったり、私もまた頑張ろう、と思えます。

 

きっとあなたが隠れ家サロンを開こうと思ったのは、たくさんの悩みがあったからなのではないでしょうか。

  • 親との関係がうまくいかなかったり
  • 恋人やパートナーとの関係がうまくいかなかったり
  • 会社での仕事や人間関係で悩んだり・・・
  • 子供との関係がうまくいかなかったり・・・
  • 自己否定ばかりしてしまう自分を変えたくて・・・

などなど・・・

 

その悩みは、いまもゼロにはならないかもしれない、でも、そのサービスを届けようと思ったのは、そのサービスに救われた経験があったからこそなのではないでしょうか。

昔、自己否定ばかりして恋人にもふられてずたぼろになっていたときに、助けてくれたヒーリングサロンの人・・・その人みたいに、私もなりたい!誰かを助けられる人になりたい!

そう思って開かれたり・・・

 

なので、ボロボロになった経験も含めて、こういうことがあったから、今度はあなたに届けていきたいんです。

そのような物語を綴っていくプロフィールになるといいです。

以上3つのポイントでした

3つのポイントは

  1. 会話をするようにお客さんの悩みに答える記事を書く(専門性・ノウハウ記事)
  2. 人間味が伝わるような記事を書く(日記記事、趣味、考え方、人生論などなど)
  3. ストーリーでプロフィールを書く

でした。

 

いかがでしたでしょうか??

ブログ、インターネットといっても、画面の向こうにいらっしゃるのは人、お客さんです。

なので、リアルで友達ができたり、恋人ができたりするのと、同じような流れを作っていくのがアクセスが来るブログになります。

 

ぜひ、ありのままのあなたを、ブログでわくわくしながら伝えていっていただけたらなと思います。

 

 

さらにあと2つ、販売するには??

というところでのポイントがあります。その話については、こちらで語っております、参考になりましたら嬉しいです。

 

お読みいただきまして、ありがとうございました。












5mail
好きなことを諦めずに生きていく



5mail



5mail


  5mail

  5mail

  5mail

  5mail

  5mail

  5mail

  5mail


関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

img_3039

文章があれば空も飛べる!言葉は鳥のように自由です・・・・・!

空飛ぶ引きこもりライターの千聖(ちさと)です!! すごくもやもやすることがあったので、書き殴ります!!! あなた…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る