空飛ぶ引きこもりとは。

IMG_0892

こんなところまで覗いて下さってありがとうございます!

 

空飛ぶ引きこもりライターってなに・・・・?ですよね。

引きこもりは、家から出ないという日常だとしても、空を飛ぶ?

 

厨二病が悪化したのかっ・・・・?!

 

 

いえいえ違います。

実際に飛びます。

 

 

空を飛ぶって何かというと

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これです

IMG_0006

そう!ハンググライダー!

 

高所恐怖症なのに。ビビりなのに。それでも空を飛んでみたかったんです。

だからなぜか飛んでみました。

 

大学のサークルにあったので、それに入って、飛びました。

高い所嫌いなのに。大学生の時の勢いってすごい。

 

ちなみに、写真のは私じゃないです。

写真どっか行きました・・・・orz

空の楽しみ方とは

空を飛ぶのは、ジェットコースターにも絶対乗りたくない、ディズニーランドのタワーオブテラーとか死んでも乗らない。USJのドリームザライドもむり、観覧車ふざけて揺らすひとは殴る。

 

そんな私ですが、でも空だけは怖かったけれど、楽しかったです。

日常の中にある非日常の世界です。自分がまるで魔法使いにでもなったみたいな気分。自分の真下に広がる小さな家々、とんびと同じ目線。

風の音の中に自分がいて、空の中に自分がいて。

 

初めて空を飛んだ日、空から見た夕焼けの色は、一生忘れられないです。

 

でも練習で初めて高い所を飛んだ時は、あ、死んだって思いました。

それも今となってはよい思い出。

 

 

でもそれと同じく楽しかったのは、空を飛ばずに待つ時間。

風が強かったり逆風だったりすると、空を飛べません。風が変わるまで、山の上の飛び出すところから、待ちます。

待ち方はさまざま。しゃべっていたり、お菓子食べてたり。車の中で寝ていたり。

 

私はその時間が、とてつもなく好きでした。

 

山の上では、電波が届かないことが多いです。

時計とかも、空を飛ぶときには外した方がいいので、時間もわからない。

日常から遮断されたやまのうえ。音も風の音しか聞こえない時もある。その音だけに耳を澄ませているだけでいい時間。それが許される時間。

 

あくせくと動いたり働いたり、そんなことばかりが多いけれど、自然の中では、ただ待ったり、ただ生きたり。そんなことしか出来なかった。逆らって無茶をしたら、怪我をしたり悪ければ死んでしまう。

なんだか、とても自然な時間だったなって。自然の中だけに。

 

 

そんな感じで、ビビりながらも違うところも楽しんだりしていました。

 

ちなみにハンググライダーでいう逆風とは、追い風のことです。

前から風が吹いている時しか飛べないんです。向かい風で空を飛べるんです。

 

だからきっと、人生も自由に飛べるようになるときには、追い風じゃなくて、向かい風の時なんだって。

それ以来勝手に思っています。

 

あなたに今もしも、向かい風が吹いているのならば。

 

 

今はきっと、飛び立つ前触れです。

 

向かい風をつかまえる準備をする方はこちらから

プロフィールページにもどる方はこちらから

 












5mail
好きなことを諦めずに生きていく


  5mail

  5mail

  5mail

  5mail

  5mail

  5mail

  5mail


関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

コスモスと夕陰

webライターになって文章で在宅仕事!引きこもりがアフィリエイトを実践してみました

私は途方に暮れていました。 メールマガジンを使って30日で5万円を稼ぐ教材(アフィリエイトディスカバリー)を買ったものの、30日経って…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る