雪の降る電車みち【寄りみちコラム】

2022-02-06_15-37-57_949

何をするでもなくて、行くあてもないのだけれども、急に電車に乗ってどこかへ行きたくなる時があります。

思い立った日は、大雪の日で、京都は豪雪地帯ではないけれど、滋賀の北の方まで出れば、雪の野原を見れることに気がついて…

 

なので、電車で、米原駅まで行ってみることにしました。

真っ青に晴れた京都市内から、徐々に雪が舞い、積もり、吹雪き、白む雪景色へと変わっていく…

同じ日にちの、同じ沿線の出来事とは思えないくらい、駅ひと区間だけで様変わりしていく様子に、まるでどこでもドアを開けていったかのような心待ちになり…

 

その様子を窓辺からぼんやり見ながら、次は旅の本でも持ってこようかと想いを馳せて、だけど、何もしないでただ景色をみている。

そんな、間の時間が、とても丁寧で贅沢だと思ったから、やっぱり手ぶらで出かけてきてよかったとも、思いました。

 

米原駅につくと、ホームにまで雪が積もり、子供達が長靴で足跡をつけてはしゃいでいて、雪の電車を撮ろうとする撮り鉄さんらしき人もいて。

ゆっくり味わう休日の人たちとともに、なんだかとても心地よい時間でした。

 

雪景色を見に行く鉄道の旅、おすすめいたします。

 

追伸

雪が積もってるかどうかは、

ウェザーニュースのアプリは、リアルタイムや予測を教えてくれるレーダーで見れます!!

 

白い色のところは積もってないことも多いですが、濃いグレーだと今回のお話のような感じで完全な雪景色でした!!

雪のある場所がわかるので、おすすめです!

 












5mail



  5mail
好きなことを諦めずに生きていく



  5mail

  5mail

  5mail

  5mail

  5mail

  5mail

  5mail


関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

img_0302

短所は絶対克服しない!好きなことじゃなくても書きたいこと書こう!

空飛ぶ引きこもりライターの千聖(ちさと)です! 最近、お客さんから、こんなメールを頂きました。 …

おすすめ記事

ページ上部へ戻る