予算がないとなる時もお店や商品にこだわり気の満ちる場を作るには

2020-06-23_14-45-05_766

空飛ぶ引きこもりライターの千聖(ちさと)です!

今日は、予算がなくて、なかなかお店や商品を改善できない、こだわりたい部分にこだわれない・・・!

と諦めているときに、私の山籠もりマーケティングな先生の竹川さんが伝えてくれた、そういえば!となった、予算がなくてもできる考え方をお伝えします。

学校の文化祭のとき・・・

を、思い出してみてください。

学校の文化祭では、お化け屋敷や、喫茶店などなど、いろいろな催しをやったりしますよね。

でも、場所は、いつもの教室!!しかも、全くお金がない学生たちが行います。

 

予算なんてほとんどないし、場所もいつもの教室で、構造を変えられるわけでもない・・・

 

だけれども、文化祭当日になったら、ほんとにお化け屋敷になってる!!!

とか、突然お店がそこに登場していたり・・・・

 

学生たちは想い想いのアイディア、布1枚とか、アイディアだけで、その世界観を作り上げていきます。

だから、予算がなくても、世界観は作れるんですよ、と竹川さんが教えてくれました。

 

確かに・・・!と想ったのですね。

私も子供のころ、実家で迷路とかを作ったことがあるのですが、段ボールが迷路になっちゃったりとか、森の中で、落ちていた木と、わらみたいなのを使って見事にあまつゆをしのげるような屋根を作ってしまったり(でも、わらから、虫がぼとぼと落ちてきてぎゃーっとなった)

 

あと、発泡スチロールをひたすら削っていったら、それが雪みたいになったりとか・・・

発泡スチロールのはさすがに親にあとで怒られましたが・・・

 

でもそういうのを、やってたなあ~

そしてそれは時々、親もびっくりするくらいリアルだったりとか、何よりそこには、想いが籠もっていて、今でも思い出して、ああ~楽しかったな~~~と、兄弟間で今でも話題に出たり

自分の子供ともこういう遊びしたいな~

という郷愁にひたるくらい、すごく、幸せで楽しく、気が満ちているような、そんな場。

 

そういうふうな想いで作ったものたちなら、もっとこういう予算をかけられたらすごいもの作れるのに!!

という悔しさだったりとか、諦めていたことにも、魔法をかけられるような気がしませんか。

 

実際に、音楽の世界でも・・・

山籠もり竹川さんは、音楽プロデューサーも経験しているのですが、音楽の世界でも、ちょっとした小物ひとつで、とか、照明の当てかたで、世界観を作っていた、と言います。

ライブハウスでも、照明の色や、間や、音楽のかけ方のタイミングだったり。

 

東日本大震災のときは、節電ということが大事だったので、じゃあ電気を使わずにライブをやるには?

という発想で、灯りはロウソク、音楽のための設備は、スタッフが自転車をこいで自家発電したそうです笑

 

それがすごく、当時ライブとかができなくなっていた時流のなかで、でも音楽の力をもとめている人たちにとって灯りとなり、かつてないほどのお客さんが来られたそうです。

 

 

さらには、大学生たちが学校の制作の一環でつくった、プロモーションビデオ。

その出来栄えは、とても素人っぽい感じで、決してすごいものではなかったけれど・・・

 

でも、それがひょんなことからYouTubeにあげられ、アーティストとしてはそれは、ちょっと載せられたら困る、ということで消したかったもののようですが、再生数もあがっていたり、ご反響があったりだったので、そのままにしておいたところ・・・

実はそれが、アメリカのプロデューサーの目に留まり、このバンドをアメリカに呼びたい!!

となって、オファーが来て、それが、1500人規模の大イベントに発展してしまったのでした。

 

逆にその売上で調子にのって、予算を100万円かけて作ったすごいプロなプロモーションビデオは、全く売れなかった・・・

というような経験も・・・

 

だから、予算がなくてこだわれない!!!

となって諦めるときほど、あのころ、子どものころ、夢中になっていたことや、お金がなくてもそこにあるものたちを使って夢中になって、ひとつの作品をつくりあげていたころ・・・

 

そのころのことを、想い出すことは大事だな・・・と。

こだわりというのは、どれだけお金をかけたかじゃない、どれだけ、想いを込めて作ったか。

いまある環境や、いまの状況下のなかで、どれだけ、夢中になり、その世界を表現したかなのだと。

 

それが楽しそうだったり、味わっている感覚だったり、のんびりしたり、時に夕立のような激しさで。

そこに込められたものを、お客さんは、言葉にしない中でも、本当に強く感じ取ってくださって、なんかいいんですよね~このお店~

とおっしゃってくださるような感覚で、人気になっていくのでした。

 

そして、インターネット空間、ホームページやブログでは、もっと自由で、写真1枚だけでも変わったりもします。

ホームページでも予算をいっぱいかけないと出来ない、というようなイメージもあると思うのですが、私のこのブログも、運営費は、月1500円くらい。

テンプレートは8000円くらいになっています。(ちなみにこのテンプレートです

 

あとは自分で撮った写真だったりとか、こういう写真イラストの無料素材サイト を活用したりとか。

 

そんな感覚で、魔法をかけることができますので、あなたのこだわりを、作っていく、その参考になりましたらとてもとても嬉しいです。

 

お読みいただきまして、ありがとうございました。

 

 

関連:

お店を人気店に変えた「〇〇」とは

 

 








  5mail
好きなことを諦めずに生きていく



  5mail

  5mail

  5mail

  5mail

  5mail

  5mail

  5mail


関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

img_0302

短所は絶対克服しない!好きなことじゃなくても書きたいこと書こう!

空飛ぶ引きこもりライターの千聖(ちさと)です! 最近、お客さんから、こんなメールを頂きました。 …

おすすめ記事

ページ上部へ戻る