セラピストなどの仕事で自信がない時に。資格コレクターか活かせるかの条件とは

2021-01-29_11-27-21_527

空飛ぶ引きこもり物語ライターの千聖(ちさと)です!

今回は、やりたい仕事があるけれど、自信がなくて、つい勉強に走ってしまう、資格取得に走ってしまって、でもそれが仕事としては、活かせていなくて・・・というお悩みをいただきましたので、お答えしてみたいと思います。

資格が活かせる条件と活かせない条件

勉強や資格が仕事に活かせる条件は、決まっていると私は考えています。

 

その条件とは・・・

 

「『あなたの』お客さんにとって、必要なことを学んでいるとき」

 

です。

 

 

たとえば私の場合ですと、ブログで好きなことを仕事にする方法をお伝えしています。

いわゆる「ブログ術」をお伝えしていますが、でも、私のところに来てくださるお客さんは、内気・引きこもり・自信がない気質の方々です。

 

なので、無名でこっそりと、でもわかってくださる方にだけわかっていただけて、隠れ家のようでありながらも好きなことを仕事にしたい、と感じる方なのですね。

 

だから、爆発的にブログのアクセスをあげるよりも、いかに少ないアクセス数で、だけど独立して好きなことが仕事にできる方法を知りたい。という方が多いです。

 

そんな私が、爆発的にブログのアクセスをあげる方法をもっともっと勉強しなきゃ!と思って勉強していったとしても・・・お客さんは喜ばないですよね。

ご提供させていただいても、これじゃなかったとなってしまいます。

 

だからこそ、 いかに少ないアクセス数で仕事にしていくか、ということに特化して学び磨くことを意識してきました。

 

もちろん、途中で隣の芝生が気になって、やっぱり、有名人みたいな感じで、キラキラギラギラしないといけないかなとゆらいだことは多々あります!

だけどキラキラギラギラ路線ではなくこっそりを貫くことで、あなたのように自信がないと感じる素敵すぎる方に出会えたので、お客さん視点で学び続けてきてよかったな、と思います。

 

これこそが、学ぶときの落とし穴でした・・・!

多くの方がどれだけ詳しくても資格をたくさん持っていても、うまくいっている方が一握りな理由は、ここにあると思っています。

 

つまり、「自分の」お客さんを知らずして、自分が自分自身に不足していると感じていることを埋めるために勉強しようとしてしまうからです。

 

でも、上記のように、自分が不足していると感じることと、お客さんに喜ばれることは、また別なことが多いです。

特に、人は、自分の良い面は当たり前に持つものなので、良い面のことよりも、ネガティブに感じること、不足していると感じることの方が気になるので、どうしても、「自分にないもの」を埋めようとしてしまいがちです。

 

そしてほんとうは、たとえばアロマセラピストさんであれば、聴く力が喜ばれていたにもかかわらず、話すことが苦手だからと話し方を身に着けて、自分がたくさんしゃべるようになってしまったら・・・

「聴いてほしい」「聴いてくれるからこそ〇〇さんに頼んでいたのに」と思っていたお客さんが、離れていってしまうことになります。

 

恋愛でも、ほんとうはぽっちゃりしたところも好きなのに、彼女さんがそれをネガティブにとらえて、痩せなければ!!と一生懸命痩せても、前の方がよかったのに・・・となったりとか。

ネイルとかで女性磨きしても、爪を伸ばしている女性はちょっと・・・と思う方がお相手であれば、空回りする努力になってしまうような形です。

 

それでフラれてしまい、ああ、努力が足りなかったんだ・・・やっぱり、私には魅力がないんだ・・・そう思ってしまって、どんどん自信喪失してしまって、余計に、もっともっと、こんな私だからダメなんだ、だから、勉強しなければ、磨かなければ・・・・・

となってもっともっと痩せても、さらにうまくいかなくなるような形で・・・

 

それが、資格を活かせない時の悪循環のしくみでした・・・!

 

だからこそ、まず必要なのが、

だからこそ、「あなたが、どんなお客さんにどんなことを求められているのか」ということをまず知ることが、とても大事だと考えています。

たとえるならこれは、あなたの好きなことを仕事にしていくための地図のゴール地点のようなものです。ゴール地点を決めずに、歩き始めても、どこに向かっていいか分からず、遠回りばかりしてしまいますよね。

 

遠回りも時に人生においては大事だと思います。

でも、同じ努力であるならば、やっていっても終わりがない道よりも、それが形になり実っていく道を歩んでいく方が、あなたにとっても、お客さんにとっても幸せなんじゃないかなと思うのです。

 

だからこそ、

まずは「あなたが、どんなお客さんにどんなことを求められているのか」を明確にする

⇒そのあとに、そのお客さんに届けるために、足りないと感じることを学んでいく

 

というような流れでやっていくとよかったです・・・!

 

そうすることで、本当に喜んでいただける、ファンになっていただけるようなあなた自身に変わっていきます。

 

勉強熱心なのは、本当に素敵すぎることです!!

磨くことに終わりはないと感じていて、それは面白さでもありますよね。一生究め続けることができる幸せみたいなのもあるかと思います。

でもそれが、学ぶだけで終わるのは本当にもったいない!!!

 

誰かに届けて、喜ばれて、それがお金になっていって・・・

そういうふうな循環になっていけば、学ぶことももっと楽しくなるし、私も、誰かに必要とされるんだ・・!という本当の幸せを感じることもできるようになります。

 

私自身も、自信がなくて、私なんていてもいなくても同じ、その辺の雑草のようなものだと思っていました。

でも今は、そんな私を信頼して、一緒に頑張って下さる方々と出会えるようになりました。だからいま、私は、自信がないことに自信を持っているし、雑草であることにも誇りを持っています。

 

違う誰かになることはできなかったけれど、違う誰かになることを望んでいたわけでもないことに気づきました。

 

ありのままの自分が、必要とされる喜びこそが、本当に欲しかったものだったと気づきました。

でもそれは、やみくもに勉強していた時には、絶対に得られないものでした。

 

だからこそ、まずは「あなたが、どんなお客さんにどんなことを求められているのか」を明確にしていただけたらなと思います。

 

では、どうやって、「あなたが、どんなお客さんにどんなことを求められているのか」を明確にする?

これを明確にするのが私もかなり時間がかかったところでした・・・!!

でも、たくさんのお客さんとの数えきれないくらいのやりとりから、ある質問に答えて行けば、明確になって行くワークを開発しました!!!

 

そして、さらに、好きなことを仕事にする上で、一番の悩みは、「お客さんが来てくださらない」という、いわゆるご来客(集客と呼ばれているもの)のところですよね。

 

それも含めて解決できる、7日間の無料メール講座を作りました。

このメール講座の中で、ワークもプレゼントさせていただきますので、お役に立てましたら嬉しいです。

こちらから!

 












5mail
好きなことを諦めずに生きていく



5mail



5mail


  5mail

  5mail

  5mail

  5mail

  5mail

  5mail

  5mail


関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

img_0302

短所は絶対克服しない!好きなことじゃなくても書きたいこと書こう!

空飛ぶ引きこもりライターの千聖(ちさと)です! 最近、お客さんから、こんなメールを頂きました。 …

おすすめ記事

ページ上部へ戻る