ブログアクセス数の伸び悩み時期は自分で乗り越えられる増やし方

Exif_JPEG_PICTURE

ブログのアクセスをあげるために必要なこと。

 

それは、好きなことを書くことでした。

好きなことって?

そのままです。

たとえばわたしは日常生活で擬音語を使いまくります。

ふおおおおおおおおおおおおおおとか(アニメキャラがイケメン過ぎて鼻血だったときの心音)

デュクシとか(つっこみ音)

わっしょいわっしょいとか

 

あ最後のはちがった。これはわたしの実家で使われている特殊語です。「どっこいどっこい」のことを「わっしょいわっしょい」って言います。なぜか。楽しそうですよね。

 

この喧嘩の原因は両方にあるからわっしょいわっしょいだね

 

お祭りです。

 

話がそれました。

 

 

小説家目指している人間が擬音語ってどうなんだよ語彙が少ないよ語彙がって昔は思っていましたが、いやいやかの有名な古典文学シンデレラストーリー「落窪物語」も擬音語だらけだったんでまあそれもありなんじゃないかな!って開き直りました。

 

でもほんとこれで、擬音語使っちゃいけないとか、あほだとかそんなのに縛られなくていいんです。

そりゃあ会社の報告書とか、論文とか、色々しがらみがあるものだったら怒られるだけだけど、ブログは自分のものです。

 

先輩アフィリエイターさんの言葉をお借りすると、「ブログは自分の国」ですって。神言です。

 

だからなにを書いてもいいんです。

自分を繕うこともしなくていいし、かっこつけることもしなくていい。読者さんはあなたのありのままの姿がみたいんです。

 

でもなんだか上手く出せないんです

でも最初のうちはなんだか緊張してしまいます。かくいうわたしも、インターネットで発言なんてあんまりしたことなかったんですよね。ネトゲはしたことあるけど、誰にもはなしかけなかったし、チャットもしたことないし。ツイッターは身内だけだし。ツイッターですら、誤字脱字がないかを3回くらい確かめるレベルですからね。

 

そんなわたしは、誰が見ているかわからないから、何か言われるんじゃないだろうか、炎上するんじゃないだろうか、誰かの気に障ったらどうしようとか。そう考えてしまって、いつの間にか、誰にも何も言われないだろう言葉を選んでしまっていました。

 

それがキャラならば良いのですが、自分と違うキャラクターを演じているとだんだん面白くなくなってきます。

自分も面白くないし、見ていても面白くない。

 

ブロガーのARuFaさんってご存知ですか?

超絶変態なブロガーさんです。もう常人じゃないレベルで変。なぜそれをしたしwwってことをブログに書いています。

まあ変態が嫌いな人にとってはちょっと・・・・かもしれませんが、それでもいいんです。

だってこの変なキャラが好きな人に向けて書いているんだもの。

ARuFaさんの文章を覗いてみる(くだらないけどちょっと笑ってしまった)

 

でもだからこそ、いいんです。

こんなこと書いてたっていいんです。もちろん人と違う事しなきゃいけないってことでもないです。

好きなようにやればそれがいちばんおもしろいんだってことです!

 

 

でもそれでもどうしても硬くなってしまう・・・・そんなときの対処法をお伝えします。

 

 

 

書く前にしゃべってみる

どんなことばそもそも自分らしさなのか?悩みます。方向性がどうしてもわからないときは、人と話しているものを録音し、それを文字に起こすとよいです。起こした内容が、あなたらしい文章です。

 

 

お母さんや自分自身に向けてをイメージしてみる

母親に向けて話すような言葉で書いてみるといいです。お母さんに対してはため口になります。お手紙的なイメージでもいいかも。

また、自分自身を読者として想定すると、読んでほしい人がブレません。ただし、自分自身に対しては口調が強くなって説教のようになってしまう場合があるので、ご注意ください。

 

読者に対してかしこまる必要はありません。固いキャラの人が、無理してテンション上げてはっちゃけたり、優しいひとがかっこよくみせたくてオレサマ投稿するとかではなく、あくまで自分が書きたいように書く。がいいんです。

優しい人がオレサマとか・・・・・!ふぉおおおおおおおお

 

 

人に自分の雰囲気を尋ねてみる。

自分で自分のキャラが分からない人は、友達に「私ってどんな人?」「なんで私と友達なの?」と聞いてみましょう。友達が近くにいなかったら、ネットの友だちとか、妹とか弟とか。考えていないストレートで素直な意見をもらえます。意外と自分が気づいていないような部分などを知れたります。

 

ちなみにわたしが変態が好きかどうかはご想像にお任せします(どうでもいい












5mail
好きなことを諦めずに生きていく


  5mail

  5mail

  5mail

  5mail

  5mail

  5mail

  5mail


関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

img_0302

短所は絶対克服しない!好きなことじゃなくても書きたいこと書こう!

空飛ぶ引きこもりライターの千聖(ちさと)です! 最近、お客さんから、こんなメールを頂きました。 …

おすすめ記事

ページ上部へ戻る