正直に書くことの本当の意味。ブログは、肯定と理解の旅でした

鬱編

お客さんからこんなメッセージが届きました。

 

————————————————————————————————————————-

千聖さんのメルマガのアンケートから

サイトに飛んで文章読んだんですが、

今までで一番泣きました!!!!!!!!あぁ~~~~~泣

 

わんわん泣いてる自分に自分で驚きました(:_;)

 

テクニック云々も大事なんでしょうが

感情に訴える文章の大事さが分かった気がします。

 

少ないながらも女友達はいるんですが、

その友達が悪いんじゃなくて「なんか合わない・・・」

「合わせるのがしんどい・・・」って感じ始めて、

1人じゃ寂しいけど、1人でいるか、

親友が2人いるんですが、どちらも男で、

その2人としか今はほぼ連絡を取っていない生活をしています。

 

今まで「女性とは合わないんや・・・」って凹んでたんですが、

千聖さんの文章読んで、「女性でも共感できる人がいるかも」と

思わせてもらえました。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。!!

 

千聖さんがゲームして布団にダイブしてる光景を想像したら、

(といってもお顔は知らないですが笑)癒されました・・・

あぁぁぁぁぁ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

もう他人と 比べられるのも、人と比べて自分のほがいいとか思う気持ちも

全部いやや~~~~~~~~~~~~~~~~~~~!!!!!!

ワシはワシじゃ~~~~~~~~~~~~~~みたいな気分だったので、

「その感情と私の文章マッチしてる?」って思われるかもしれないんですが、

何か「そやそや~そやねーん!!!!!」がいっぱいありました( ;∀;)

 

あぁ~~~~~~~~~~~

—————————————————————————————————————–

 

メール見て、私の方こそめっちゃ泣きました。
ほんとは怖かったんです。
サポート受けて頂いているのに、こんな文章書いて自己満足なんじゃないかとか自分勝手だとか。
不安にさせるならば、書かない方がよかったとか。ほんとに怖くて。
だから、そう言って下さった言葉が、
私も声をあげて泣きました。
 

こんなに泣いたの、竹川さんから初めてメール頂いた時、

夢諦めなくていいって言って下さった時以来でした。

書いてなかったのに、そんなところまで共感してくれるんだって思ったら、めっちゃくちゃ泣きました。

下さった文章丸ごと全部、私のそのまま、気持ちでもあったからです。

私も、頂いたメールを見て、理解しました。

今度は「ちゃんとしなきゃの仮面」をかぶってしまっていたのだと。

 

昔から色んな仮面かぶって。

社会に出たら、ますますどうしようもなくなった。

ダメでした。

こんな自分じゃ、何も言いたいこと言えなくて

何も出来なくて何もかも上手くやれなくて。

 

だから嫌われない様に、好かれるために、

出来る以上のものをやろうとしました。

だからさらにうまくいかずに、どうしようもなくなって、居場所もなくなって、私は会社から逃げ出しました。

 

 

 

なのに今私は、小説という仮面すらもなくて、

それなのに、泣きましたってメールを頂いて。

 

ほんとうはちゃんとしなきゃいけないはずの

お客さんから、もらえた言葉が、本当に本当に嬉しかった。

 

 

そっかって。

また私はちゃんとしなきゃという仮面をかぶってたんだって。

ちゃんとできるわけないのに。

これが今の精一杯の私でしかないのに。

 

 

そんな仮面をかぶった人と、私だったら

上手く付き合えない。何考えてるんだろうって思ってしまう。

 

だから、さらけ出すべきだったんだって。

お客さんが私に下さった言葉みたいに。

 

自分がさらけ出さずに、誰かの気持ちを聞こうなんて。

誰かと本当の友達になりたいなんて。

 

なんて理不尽なこと考えてたんだろうって。

 

嫌われてもいいってきっとそういう意味。

 

その時私はまた思い出したんです。

 

私の同類ではない。私たちの思惑は理解できない。(中略)これは理解を拒絶する言葉だ。説明されなければ、理解できるもできないもない。

何事につけても、自分の身に起こってみなければ、理解できないものというのはあるからね。それは事実だけれども、同時に理解を拒絶する言葉でもある。理解を拒絶するくせに、理解できない相手を責める言葉だ。

 

私の人生を変えた本、

十二国記シリーズの1つ、「図南の翼」に出てくる言葉です。

 

私が怖かったのは、自信がない自分だし、

先輩っぽく在れない自分。

 

理解してくれないとは思っていないけれど、

でも結果的に、こんな私なんて、知られたらきっと

嫌われるだろうからって思って、ずっと隠してしまっていたんだなって。

 

 

でも本心で接してくれたなら。

 

憧れてます、嫉妬してますって正直に言えたら。

 

 

大嫌いでも大好きでも

 

そこに至るまでの思考の過程を伝えたり

伝えてもらったりしたら

 

こういうことがあって

こういう精神状態で

 

こういう気持ちで

 

だからあの言葉がすごく、傷ついた。

だからあの言葉がすごく、嬉しかった。

 

 

そしたらそうだねってわかる。

わかったら嫌いになんてならない。

だって正直に話してくれているのに。

 

それでもはあ?とか言う人を、私はまだ知りません。

いたらどうしようもないから逆に面白いと思えるかもしれない。

 

全く考えが違うって分かってそれはそれで

面白いって思えるかも。議論できるかも。

仲良くなれるかも。

仲良くなれなかったとしても、違うからってわかる。

 

怖がっていたのは、

何もかもわからないことだったんだなって。

 

 

知らないこと、見えない気持ち。

 

 

隠していることばれたらどうしようって恐れる気持ち。

 

 

だから、私は人と会うのが怖くて、

引きこもりました。

 

 

だから私は、引きこもるのも好きだけど、

私のことを全部知っている人になら

喜んで会いに行きたいって思う。

 

一緒に食べたり飲んだりして、

ずっとずっと答えの出ないことについて真面目に話したい。

 

自分のこととか

人生観とか、恋愛観とか、

幸せの定義とか。

 

 

だからってどうせ私なんかって

開き直るのはまた違うけれど

「今」を否定は、しなくてもいいのかなって。

 

上手く言えないですが、

今の自分で精一杯やれること

やればいいんだってことなのかなと。

 

今足りなかったら

今知らなかったら勉強すればいいし

 

自分のこと認められなかったら

認められなくてもいいから

不安だったら不安のままでいいから

そのまま伝えて、次にまた進み続ける。

 

 

否が応でもそうしたら、

自分を否定しないまま、磨いていける。

 

 

きっとまた私はぐだぐだ悩みます。

これはたぶん、一生変わらないかもしれないです。

 

でも、それもまた自分で。

 

あんなふうに言って下さる人がいるならば、

ぐだぐだ悩む自分も無駄でもくだらないものなんかじゃなくて

 

 

ほんとうは、それだって誰かと

心通わせられる欠片かもしれないって思えました。

 

 

だから、その日のために、

言ってくれる人のために、

今を、正直に書く。

 

 

 

結局ずっと前から先生から言われていることも

変わらないし、私が伝えてきたことも変わらないけれど、

そんな感じで、改めてそっかって思ったので、書きました。

お客さんに感謝です。

 

また意味わからない文章書いてすみません。

お読みいただきまして、ありがとうございました。












5mail
好きなことを諦めずに生きていく


  5mail

  5mail

  5mail

  5mail

  5mail

  5mail

  5mail


関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

コスモスと夕陰

webライターになって文章で在宅仕事!引きこもりアフィリエイトを実践した結果

ブログを書いてお金にしたいけれど、自分がほんとに出来るのか自信がないあなたへ あなただけの本当の魅力を見つけて、月10万円を目指しませ…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る